株式会社 南信サービス

トップページへ 会社情報へ 事業内容へ 環境活動へ 問い合わせへ

■事業内容
 特別管理産業廃棄物・産業廃棄物の中間処理(焼却・油水分離・脱水)及び収集運搬
 一般廃棄物の中間処理(脱水・焼却等)及び収集運搬


収集運搬
お客様から産業廃棄物を収集し主に弊社処理施設まで運搬します。
有機性及び無機性の汚泥や廃油は主に特殊吸引車で吸引し運搬、脱水ケーキ(汚泥)はダンプやフックロール車で運搬します。


産業廃棄物(積替保管を含む)
 燃え殻(特定有害産業廃棄物を除く)
 汚泥、廃油(特別管理産業廃棄物を除く)
産業廃棄物(積替保管を除く)
 廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び 陶磁器くず
 (特別管理産業廃棄物・自動車等破砕物を除く)
 ゴムくず、廃酸、廃アルカリ(特別管理産業廃棄物を除く)
 木くず、がれき類、鉱さい、ばいじん(特定有害産業廃棄物を除く)
 動植物性残渣
特別管理産業廃棄物(積替保管を除く)
 廃油(揮発油類、灯油類および軽油類、又はトリクロロエチレン又はテトラ
 クロロエチレンを含むことにより有害なものに限る)
 廃酸
 (水素イオン濃度指数2.0以下のものに限り、特定有害産業廃棄物を除く)
 廃アルカリ
 (水素イオン濃度指数12.5以上のものに限り、特定有害産業廃棄物を除く)
作業用車輌


汚泥リサイクル施設
各地域の公共下水道や有機性汚泥脱水処理施設等から排出された脱水ケーキ(汚泥)はこちらの施設で焼却します。
また、炭化品になり得るものに関しては乾燥→炭化をいたします。


一般廃棄物
 ・処理範囲
   有機性汚泥及び動植物性残さ

産業廃棄物
 ・処理範囲
  汚泥(特別管理産業廃棄物を除く)
  廃油(特別管理産業廃棄物を除く)
   動植物性残渣
特別管理産業廃棄物
 ・処理範囲
  廃油(揮発油類、灯油類及び軽油類に限り、特定有害産業廃棄物を除く
処理能力 焼却設備 36t/日(1.5t/h:24時間稼動)
       乾燥設備 48t/日(2t/h:24時間稼働)
       炭化設備 9.6t/日(0.4t/h:24時間稼働)※汚泥のみ
処理条件 廃油は、無機性汚泥と混合して焼却を行うこと
汚泥リサイクル施設


炭化物造粒施設
汚泥リサイクル施設で炭化されたものは粉体なので、こちらで粒状にすることで風で飛散しなくなります。
製袋して「ぐり~ん・ワン」という商品名で土壌改良剤として販売しております。
尚、この施設は廃棄物処理施設ではありません。
炭化物造粒施設


有機性汚泥脱水処理施設
有機性の汚泥はこちらの施設に運び込まれます。
脱水や生物処理等いくつかの工程を経て処理した水は油水分離施設で処理された水と一緒に天竜川に還元します。


一般廃棄物
 ・処理範囲
   汚泥
産業廃棄物
 ・処理範囲
   汚泥(特別管理産業廃棄物であるものを除く)
処理能力 30㎥/日
有機性汚泥脱水処理施設


油水分離施設
水溶性以外の廃油や無機性の汚泥などはこちらの施設に運び込まれます。
固液分離や加圧浮上等いくつかの工程を経て処理された水は有機性汚泥脱水処理施設で処理された水と一緒に天竜川に還元します。


産業廃棄物
 ・処理範囲
  (油水分離)
   廃油(特別管理産業廃棄物であるものを除く)
  (脱水)
   汚泥(特別管理産業廃棄物であるものを除く)
処理能力 80㎥/日(10㎥/h:8時間稼動)
油水分離施設


油水分離施設(水溶性)
リサイクルできる廃油はこちらの施設に運び込まれます。
廃油から分離された油は、いくつかの工程を経て「再生油」となり、主に焼却施設の燃料として再利用されます。


産業廃棄物
 ・処理範囲
   廃油(特別管理産業廃棄物であるものを除く)
処理能力 35㎥/日(1.45㎥/h:24時間稼動)
油水分離施設(水溶性)

|サイトポリシー
Copyright (C) 株式会社南信サービス