株式会社 南信サービス

トップページへ 会社情報へ 事業内容へ 環境活動へ 問い合わせへ

■環境活動報告 2017年度(活動期間2017.04.01〜2018.03.31) 発行2018.07 PDF


■環境方針

 「当社は、廃棄物の収集運搬及び中間処理事業活動を通して、環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシス
  テムの継続的改善を行うことで、環境汚染予防及び関連するその他の環境保護に取り組みます。

  関係する環境関連法規、条例、地元協議及び同意するその他の要求事項を遵守します。

  また、以下の事項を考慮に入れつつ、技術的・経済的に可能な範囲で環境目標を設け、その達成に向けた活動を定期的に見
  直しながら推進します。
  1.廃棄物処理施設の運転管理向上
  2.資源・エネルギーのリサイクル向上
  3.廃棄物量削減
  4.環境保全意識の向上

 以上を指針とし、地域社会に貢献するとともに、自然環境を尊重し、明るい未来のためにまい進します。

                                   2016年2月6日 代表取締役 竹村 博文」



■環境マネジメント推進体制

社長 (トップマネジメント)
環境管理責任者 (ISO責任者)
ISO事務局 (ISO文書類作成)
各部課長係長等 (各部課環境推進担当)
環境対策室長 (内部監査責任者)
環境対策室 (内部監査担当)


■現在取り組んでいる活動

 ・使用燃料自社再生油100%
  汚泥リサイクル施設使用燃料の完全自社再生油化を目指します。
  2019年度「18年度購入分の15%分自社再生油化」


 ・運転手の労働災害対策
  運転手の労働災害の要因を無くすことで労働環境の改善を目指します。
  2019年度「運転手の労働災害を0にする」


 ・収集運搬車輛の臭気対策
  汚泥運搬車輛の臭気を削減させることで臭気苦情0を目指します。
  2019年度「汚泥運搬車輛における臭気苦情を0にする」


 ・工場の労働災害対策
  工場内の労働災害の要因を無くすことで労働環境の改善を目指します。
  2019年度「工場内の労働災害を0にする」


 ・工場の臭気対策
  工場内の臭気要因を全て特定し、臭気苦情0を目指します。
  2019年度「工場内からの臭気苦情を0にする」


 ・環境保全意識の向上
  環境保全活動への取組みなどで、環境に対する意識の向上を目指します。
  2019年度「環境保全活動を行いつつ、環境に対する意識改革の方法を2件実行する」



■社会貢献活動(地域貢献)

 ・環境美化活動
  地元周辺の環境美化活動を定期的に行っています。
  環境美化活動

 ・防火水槽清掃
  地元からの要望があったときに防火水槽の清掃を行っています。
  防火水槽清掃


■環境側面(著しい環境側面)報告

18年度環境影響評価の結果(著しい環境側面)は以下の通りです。
環境影響 著しい環境側面 使用設備 発生状況の区分
有益 資格の取得(環境関連能力の向上) 会社全体 定常時
臭気・騒音の監視活動(地域との共生) 会社全体
自社での処理働きかけ(環境保護) 会社全体(営業活動)
汚泥の収集(環境保護) 収集運搬業務
廃油の収集(環境保護)
ばいじんリサイクル化(資源再利用) 汚泥リサイクル施設
(焼却)
再生油の使用(環境保護)
再生油の使用(環境保護) 汚泥リサイクル施設
(乾燥炭化)
炭化物(再生利用)
処理水(水質環境の保持) 有機性汚泥処理施設
油水分離施設
処理水(水質環境の保持)
無機汚泥リサイクル化(資源再利用)
再生油精製(資源の保持)
有害 作業時移動時臭気発生(悪臭等) 収集運搬業務
排ガスの排気(悪臭等) 汚泥リサイクル施設
(焼却)
緊急時


■環境関連法規等の遵守状況の確認及び評価の結果並びに違反、訴訟等の有無

基本法令は除きます。
適用法令一覧
大気汚染防止法 温対法 肥料取締法
水質汚濁防止法 地元協定 放射性物質汚染対策特措法
廃棄物処理法 小型家電リサイクル法 環境教育推進法
消防法 家電リサイクル法 河川法
ダイオキシン類対策特措法 自動車リサイクル法 労働安全衛生法
PRTR法 オフロード法 環境配慮契約法
毒劇物法 グリーン購入法
省エネ法 フロン排出抑制法
2018年度遵守状況の評価の結果、遵守されていました。違反、訴訟等もありませんでした。


■代表者による全体の評価と見直し

豊丘支店は人手不足の為、担当予定の者が本来工場勤務なのだが運転手としても飛び回っている現状なのでまだISOへの着手は未定とする。
実行スケジュールの労災臭気苦情0は大変いいことで今後も進めてもらっていきたいが、今年はこれだけと決めつけるだけではなく、危険回避等に係ることなので次から次へとどんどん対策していってもらいたい。
地元の印象が今いいので、苦情の要因に対する予防策をして、またミーティング等で個々の理解を深めて行動に繋げていってもらいたい。また1人1人が積極的に自発的な行動が出来るといい。
ゴミの会社なのでゴミの分別についてもっと理解を深めてもらいたい。


|サイトポリシー
Copyright (C)  株式会社南信サービス